長野県安曇野 ビレッジ安曇野 感想

スポンサードリンク

長野県安曇野 ビレッジ安曇野 感想

スポンサードリンク

長野県安曇郡豊科町にある「ビレッジ安曇野」は、「あずみ野ガラス工房」が近く、農業体験をさせてくれる宿でした。
「あずみ野ガラス工房」のガラス吹き体験は、普段なかなか体験する事がないので、子供達がとても喜びました。夏休みの自由研究の宿題に出しました。

 

この長野県安曇野は、わさびの産地として有名で、北アルプスの山々に囲まれ、新鮮な空気が一杯です。

 

長野県安曇野 ビレッジ安曇野 感想

ビレッジ安曇野のふるさと体験は・・・
3月上旬は手作り味噌体験
4月上旬には、わさび田に入って花を摘み、わさびの花の漬物体験
夏休み期間は、マスの掴み取り、とうもろこしのもぎ取り体験
11月中旬から下旬は、野沢菜を清流で洗い、漬け込み体験(漬けた野沢菜は後日、宅配で送ってくれる)
など、季節によって色んな体験を考えてくれるようです。
(体験により料金は異なると思います)

 

勿論、農業体験をしないで、ビレッジ安曇野を中心に観光スポット巡りをしても楽しいかと思います。
我が家は、ふるさと体験はしないで、周辺の観光スポットを散策しました。

 

近くの観光スポットには、名水百選に選ばれた「いこいの池」
があり、記念碑も建てられています。
「大王わさび農場」では、わさびのソフトクリームが名物のようです。
又、「碌山美術館」には、荻原碌山の作品が中心に展示されてます。

 

ビレッジ安曇野は、農林水産省の補助金を得て豊科町が建設した建物なんだそうです。
都市の学童の団体利用を考慮して作られているらしく、値段が1万円未満なので、どちらかと言うと、企業研修・クラブ活動などの合宿使われている宿泊施設のようです。
別館もあるようですが、別館は行った事がありません。

 

ビレッジ安曇野はの大浴場のお湯は、地下73mの湧き水をポンプで上げた名水の湯で、ミネラル分たっぷりのお湯と言う事で、サウナや水風呂もあります。
大浴場の横には休憩場所もあり、日帰り入浴も出来るようです。

 

お部屋はこじんまりとしていて、綺麗ですが民宿のような感じでした。

スポンサードリンク