東京ディズニーランドへの交通手段

スポンサードリンク

東京ディズニーランドへの交通手段

スポンサードリンク

東京ディズニーランド、ディズニーシーへの交通手段

 

夜行バス、飛行機、車、電車のアクセス方法があります。
勿論出発する場所、交通費の予算、家族構成などにより交通手段も変わりますね。

 

交通手段の方法で、交通料金も大分違って来ます。 東京ディズニーランドへ遊びに行く場合、格安なのが夜行バスでしょう。

 

東京ディズニーランドへ夜行バスを利用する場合 大阪発の夜行バスで東京ディズニーランドへ向かう場合 3900円〜
名古屋発の夜行バスで東京ディズニーランドへ向かう場合 2900円〜
仙台発の夜行バスで東京ディズニーランドへ向かう場合 2900円〜

 

長距離でもゆったりと快適にくつろげる3列シートなら、家族でも安心ですね。

 

又、女性でも安心の女性専用車もあるのが嬉しいです。

 

東京ディズニーランド、ディズニーシーへの交通手段

夜行バスを予約する場合 楽天夜行バス予約 が格安で安心です。

 

楽天トラベルの高速バスの予約は、全国125都市40社以上の高速バスを販売!
乗りたい路線の空席を簡単に検索出来るので便利です。

 

バスのタイプ(トイレ付き、3列シートなど)も選べるので、不安もありません。
又、利用につき楽天ポイントが貯まるので、利用していくうちにポイントが増え割安になります。

 

他にも、パスポート付き夜行バス、旅行会社のツアーで夜行バスを利用する方法もあります。

 

夜行バスのメリット 夜の出発が多いので、バスの中で眠り朝、ディズニーランドに到着と言うパターン!
何処でも眠れると言う方は、お勧めです。 朝、パーク開園前に必ず到着してくれるので、安心ですね。

 

又、乗り換えは、結構待ち時間など、時間のロスもあり、疲れるものです。 途中、忘れ物をしてしまうと言う事もあります。

 

家族連れの場合、荷物が多くなったり、途中、飲み物、おやつなどにお金がかかる場合もあります。
夜行バスを利用すると、乗ってしまえば1本で、ディズニーランドに到着です。

 

夜行バスのデメリットは 眠りに神経質な方は、満足な睡眠が取れないため、せっかくのパークでの遊びタイム!
待ち時間などが長いため、貧血をおこしてしまう、気分が悪くなるなど 睡眠不足による、体調の変化が心配です。

 

又、小さなお子さんがいらっしゃる場合、お子さんが慣れない環境で、夜行バスの中で具合をわるくしたり、気分が悪くて不機嫌だったりで、周りに気を使い疲れてしまう場合もあります。

 

夜行バスを利用される場合、日頃から、夜行バスに慣れているという方には、最適ですね。

スポンサードリンク