汐留ジャンボリー感想

スポンサードリンク

汐留ジャンボリー感想

スポンサードリンク


ロイヤルパーク汐留タワー

汐留ジャンボリー感想

 

汐留ジャンボリー2009
毎年壮大なイベントライブなど見所満載の企画を用意してますね〜。
入場料金無料なのが、一番嬉しいです。

 

汐留ジャンボリーを始め汐留は、東京の観光スポット!として有名になりましたね!

 

汐留ジャンボリー感想

汐留ジャンボリーごくせん神社
汐留ジャンボリー!の見所として、あの人気番組の「ごくせん神社」が面白かったです。
売店には、ごくせん焼きそば、熊井ラーメンのカップ麺が!
購入しなかったので、味は分かりませんが?

 

続いて、話題の映画「20世紀少年」
映画で使われた商品が展示され、子供が大喜び!
映画で見たアイテムに感動していたみたい♪

 

汐留ジャンボリーは、日本テレビ主催のイベントを公開!
正式名はGO!GO!SHIODOMEジャンボリーと言うようです。

 

お馴染みのズームイン!
チャ―ミンのエアバルーンがピンク色で目立ちます。
子供向けで、入場料はかかるのか?見ませんでした。

 

 

汐留ジャンボリー アクセス
汐留ジャンボリーへのアクセスは、JR山手線新橋駅より歩いて約5分です。住所は東京都港区東新橋1-6-1 03-6215-4444(日本テレビ視聴者センター)料金は入場料無料が嬉しいですね!時間は11:00〜19:00

 

新橋駅から少し歩くと、壮大なビルが並んでおり、
その雄大さは、北端のシティセンターをはじめ、南端の汐留芝離宮ビルに向けて圧倒される並びに!

 

汐留ジャンボリー汐留シオサイトは、「旧国鉄汐留貨物駅跡地」を利用した都内最大規模の再開発都市として、2006年に完成されたようです。

 

イタリアのような壮大なビルは、歓声を上げてしまうほど、寛大です。

 

日本テレビ本社ビルをはじめ、レストラン、ショップ、シティホテルなどの高層ビル13棟、各施設が地下通路と繋がり、これからも益々、快適で便利な新しい街として話題を呼びそうですね。

 

汐留ジャンボリー近くの東京タワーが、夏バージョンとして、白を基調とした「メタルはライドランプ」と言うライトが灯り、夏の夜の涼しさを輝きで提供してくれてるのも見ものです。

 

現在は六本木ヒルズやお台場と並び、東京の新しい観光名所の一つとなっており、汐留シオサイトにある汐留シティセンターや電通ビル。

 

日本テレビタワーなどは都心におけるヒートアイランド現象の要因とも指摘されているそうです。
都内の楽しいイベント、遊べる施設が、随分増えてきました。
汐留ジャンボリーは、都内のデートスポット、家族の癒しの場として、交通アクセスも充実で、益々目が離せない東京周辺となりそうです。

 

リーズナブルな料金のお部屋がオススメ!


スポンサードリンク