ランドマーク 空中水族館

スポンサードリンク

ランドマーク 空中水族館

スポンサードリンク

ランドマークタワーは、横浜の観光スポット!
ホテルや高層ビルが多く、話題のH&Mも出店されて、益々人気を呼びそうですね。

 

ランドマークタワーの、夏ならではの季節限定のイベント!
ランドマーク空中水族館が夏の思い出になってます。

 

夜長の夏のデートや家族連れにも、ピッタリの水族館ですね!
夏休みだけ開催されているので、夏休みの思い出作りになります。

 

ランドマーク 空中水族館

ランドマーク空中水族館は、まるで、空に浮かぶサンゴ礁の海!
約40種の海中生物(虹色、7色の魚達)が気持ち良さそうに泳いでいます。

 

ランドマーク空中水族館での魚の遊泳は、横浜の景色とマッチし、夏の癒しにピッタリ!

 

ランドマーク空中水族館から眺める景色は、横浜港の船の様子、横浜街並み、壮大なスケールで、訪れる方々をロマンチックな気持ちにしてくれます。

 

水族館に夜訪れると、幻想的なライトアップ、色とりどりのネオンが灯す風景は、日本一高い展望フロアと言われているランドマーク空中水族館ならではのものです。

 

ランドマーク空中水族館は、地上273メートルもの高さ!ランドマーク空中水族館は、横浜ランドマークタワーの日本最速のエレベータで上がる展望フロア(ランドマークタワー69階にある4面ガラス張りのフロア)のスカイガーデンサマーフェスタ!
夏だけでなく、ずっと続けてもらいたいイベントです。

 

空中水族館の魚達は、夏休みが終わると何処へ帰るのかな?
サンシャイン国際水族館が、確か協力と聞いたので、都内に戻るのでしょうか?

 

ランドマーク空中水族館のあるランドマークタワーは、ショッピング、グルメ、イベントが楽しいですね。
全長200m、5層吹抜けのショッピングモールで、壮大なスケールに圧倒されます。

 

ランドマークプラザは、ヨーロッパの広場のイメージです。
「ガーデンスクエア」と、カジュアルなにぎわいのある「フェスティバルスクエア」の2つのアトリウムを中心に構成されているようです。

 

センスの良いお洒落な専門店が約170軒あるのも楽しみです。

 

ランドマークタワーに隣接するクイーンズタワーAも高さ約172m、地上36階で、みなとみらい地区の一角を占める大型複合施設。

 

「クイーンズスクエア横浜」の中で最高層のオフィスビル。
建物の作り、スケールの大きさに見とれてしまうほどです。

 

1、2階はショップ&レストランゾーンとなっており、一般の食事やショッピングをご利用出来るので、足を運んで見る価値大ですね。

 

その他、ドックヤードガーデンと言う、日本に現存する商船用石造りドックとしては、もっとも古い旧横浜船渠第2号ドックで、このドックを後世に伝えるべき資産として、復元して生まれたのがドックヤードガーデンだそうです。

 

新しい横浜のシンボルとして、人々のコミュニケーションスペースとして広く利用されている所がポイントのようです。

 

ランドマークタワー5階にはレストランゾーン「タワーダイニング」があり、和食・洋食・カフェなどのレストランが揃っているようです。

 

ランドマーク空中水族館以外にも、楽しめるスペースイベントが盛り沢山で、デートに観光に人気のタワーと言えそうですね。

 

 

旅ランドマーク空中水族館情報
期間:7月16日〜8月31日迄
(夏ならではの、期間限定のサマーナイトフェスタ)

 

場所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 
みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分。

 

料金:ランドマーク空中水族館のスカイガーデン入場料
大人1000円
65歳以上と高校生が800円
小中学生が500円、幼児が200円

 

時間も決められているので、注意が必要。
ランドマーク空中水族館の時間は、10時〜21時迄。

スポンサードリンク