石川県能登 輪島 いい日旅気分

スポンサードリンク

石川県能登 輪島 いい日旅気分

スポンサードリンク

テレビ東京「いい旅夢気分SP」「秋の味覚食べつくし癒しの特選温泉宿」〜2008.9.24

 

鳥越俊太郎さんと木佐彩子さんの旅は、石川県能登の輪島の旅でした。
輪島と言えば輪島塗りと海の幸、輪島朝市が有名ですよね!

 

ふるさとタクシーで!駅から少し走ると海が見えます!島が見えるのは、七ツ島と言うそうです。無人島だと言う事です。。
鳥越俊太郎さんは、元気になられて良かったですね。

 

石川県能登 輪島 いい日旅気分

石川県の曽々木と輪島の中間にある「白米の千枚田」が観光スポットとして紹介されました。
日本でも珍しい白米の千牧田だそうです!
元総理大臣の小泉純一郎さんも、白米の千牧田の景色に絶賛したらしいです。
白米の千牧田の観光に来てる方もチラホラいらっしゃいましたね。
大きな海の前に斜めに広がるたんぼが凄い景色です。
本当に千枚あるのかな?と鳥越が言ってましたが、実際は1004枚あるんだそうです、たんぼの大きさは、畳半畳のものからあるそうです。

 

たんぼは、急斜面で、機械を使えないので、手作業なのだそうです。
農家は4件程なので、2007年から「オーナー制度」をとり、一般公募で年2万円でオーナーの特権を得ると田植えや稲刈りを手伝い、収穫前に10kgの特典があるんだそうです。水森亜土さんや小泉純一郎の名前もありました。9月下旬にはオーナーなどがやってくるそうです。

 

路線バスで輪島に移動して、道の駅「ふらっと訪夢」の輪島駅観光センターで、食事の紹介をしてもらいます。宿泊だけでなく、食事の紹介とかしてもらえるんですね。細かく記載されたパンフレットも貰えるようです。便利ですね。

 

そこで、寿司処伸副さんで食事され、石川県(能登漁港)近海でとれた、にぎりが美味しそうでした。さばが生で食べれて羨ましい。
のどくろ(あかむつ)、ガスエビ(9月解禁)アシが早いので地元でないと食べられないそうです。甘ーイらしいですよ。
地魚にぎりの内容は、生さば、ササガレイ、タチウオ、ガスエビ、かに、ぬかサバ、バイ貝、ハタ、アジ、ノドクロ、甘エビなどの地魚にぎり2625円ですって!是非食べたい♪

 

輪島塗りで有名ですが、工房は電話で予約すると見学させてもらえるらしいです。(塗師屋さんを見学)

 

石川県能登での宿泊は能登半島「能登の庄」と言う宿でした(ねぶた温泉)
日本海の真近くに佇む能登の庄は昭和元年に創業したんですって!大きな宿です。10年前に全てリニューアルされ落ち着いた感じの大人の宿と言う感じです。部屋数は23で全て海に面しているそうです。温泉はとろりとした感じで、つるつるするので、女性客に人気なんだそうです。
泉質はアルカリ性単純温泉で効能は神経痛、筋肉痛、疲労回復などに良いそうです。お料理の素晴らしいのは、想像していた通リの会席料理でした。日本海の海の幸のお造り、先ほどのおすし屋さんと同じ素材の刺身に、アラがでてくるんですね。季節の旬の素材が盛りだくさんでした。26400円は満足かも!!

 

朝食も体に良さそうな内容で、炭火で焼く、ふぐのしょうゆ漬けが美味しそうでした。色んな種類がありますね。
輪島朝市は8:00から12:00まで、テントで売られてて、凄い海の幸で賑わってます。

 

3年前直腸がんの手術などで、闘病生活の末、大変だったと思いますが、元気になられてよかったですね。

スポンサードリンク