あさイチ 鳴子温泉情報

スポンサードリンク

あさイチ 鳴子温泉情報

スポンサードリンク

あさイチ 鳴子温泉情報 2012年11月15日放送

 

nhk あさイチ メインテーマは、宮城県鳴子温泉郷 
ゲストは、歌手の森公子さん、華道家の假屋崎省吾さん

 

宮城県の鳴子温泉は、小さい頃に行った事がありますが、こけしがインパクトが強く記憶に残ってます。
鳴子温泉は、歴史があり、この時期は、紅葉真っ盛りの鳴子峡を列車でくぐりぬけ、色が変わる潟沼を堪能できるそうです。

 

鳴子温泉は、温泉と組み合わせた癒しの新しいスタイルを考案されているんですね。
温泉と座禅、お灸(きゅう)、里山ごはんづくりや、温泉熱を生かして、食材をおいしく乾燥させたり。
コストゼロの街灯を開発されていたり、若い女性のファンを増やしているという鳴子こけしの工房!

 

日本屈指のおいしい米「ゆきむすび」の生産地そして伝統の湯治場など!
鳴子温泉の魅力がタップリでしたね。にも足を伸ばして、古いものを上手に生かして新しいものを生み出そうとしてきた、鳴子の人々の熱い想いに触れました。

 

あさイチ 鳴子温泉情報

40秒の紅葉(鳴子峡の紅葉と潟沼)

 

鳴子峡は、全国にもその名を知られる絶景の地!
紅葉の時期は、特に人気で、20万人の人が訪れるそうです。
100メートルの断崖絶壁が川に沿って広がる雄大な景色は壮大。

 

鳴子峡の紅葉を一番楽しめる場所が、列車の中。
鳴子峡にかかる鉄橋を渡るわずかな時間は、右も左も紅葉という色の壁の間を走り抜けられる奇跡のスポット!

 

1200年前の火山爆発で生まれたカルデラ湖は、湖底から吹き出す硫化水素と気候、水の温度が作用し、色を変えるそうです。
逆さま紅葉など、湖の深緑に紅葉が映り込むそうです。

 

紅葉情報鳴子峡、潟沼ともに、見頃は、10月末〜11月一週位
リゾートみのり
走向区間:小牛田駅〜新庄駅
ホームページ:http://www.jr-sendai.com/minoritrain

 

鳴子温泉湯治情報
九つの泉質を誇られている鳴子温泉。

 

湯治は、長期滞在して心身の疲れを癒やす湯治客が最も多いそうです。
最近は、若い世代をターゲットにした新しいスタイルの湯治メニューが登場!

 

1.「湯禅」
温泉に入ることと日の出を拝む散歩、座禅などを組み合わせることで、五感を研ぎ澄ませる体験
忙しい日常をリセットし、雑念を払いたいと都会から人が集まり好評のようです。

 

冷えを取るプログラム
女性の悩みのひとつである、冷えを取るには、入浴後、ストレッチやお灸を行う
その為、血行促進させ、体を芯から温めてくれるそうです。

 

参加者で里山ごはんも手作りをして、みんなでつくって食べるという行為が、心まで温めてくれるそうです。

 

湯禅について
お問い合わせ
「旅館大沼」
住所:〒989−6811 宮城県大崎市鳴子温泉赤湯34

 

値段:1泊2日2食付 2万円(目安。季節など条件によって変動あり)
2泊3日 6万円(同上。被災地を巡るなどの日帰り旅行込み)
ホームページ:http://www.ohnuma.co.jp/yuzen/index.html

 

冷えとり湯治について
<お問い合わせ>
「鳴子温泉郷内の旅館」(開催日、目的によって変わる)
電話:090−1772−1949
値段:日帰り 4500円、1泊2日 12000円
ホームページ:http://hibionon.com/

 

ヨガ湯治について
お問い合わせ
「二宮荘」
住所:〒989−6711 宮城県大崎市鳴子温泉字馬場136

 

値段:1泊2日3食付 8000円、日帰り 3000円
ホームページ:http://www.ninomiyasou.com/

 

農業湯治
お問い合わせ
住所:〒989−6711 宮城県大崎市鳴子温泉字要害91(畑の所在地)

 

値段:一年間、共同の畑を利用する権利 5000円。そのほか、収穫祭など適宜イベントへの参加費
ホームページ:http://www.ohnuma.co.jp/koyomi/daizu.html

 

ビジネス湯治
お問い合わせ
「旅館大沼」
住所:〒989−6811 宮城県大崎市鳴子温泉赤湯34

 

値段:1泊2日2食付 2万円(目安。季節など条件によって変動あり)
2泊3日 6万円(同上。被災地を巡るなどの日帰り旅行込み)
ホームページ:http://www.ohnuma.co.jp/

 

 


スポンサードリンク