宮城県鳴子温泉 湯の宿吟の庄感想

スポンサードリンク

宮城県鳴子温泉 湯の宿吟の庄感想

スポンサードリンク


鳴子温泉 湯の謌 吟の庄

宮城県鳴子温泉 湯の宿吟の庄感想

 

宮城県鳴子温泉郷は、湯量と泉質の種類の多さとこけしが有名です。
秋は、紅葉の名所の鳴子峡が近いので、(秋と言っても、10月下旬から、11月)特に人気です。

 

鳴子の温泉街に数多くのこけし工房があり、鳴子峡近くには、全国のこけしが展示されている日本こけし館があります。
鳴子に行ったら、こけしがお土産って感じですね!

 

日帰り温泉の外湯で、鳴子名物と呼ばれてる滝の湯は、共同浴場で、かなり渋いです。
男女それぞれ3本の湯滝となって流れ込んでいるそうで湯量が豊富で白く濁っているのが温泉情緒バッチリ!

 

でも、天気や気温によって、お湯の色が変化するそうです。
かなり安くて、150円位でした。浴槽は2ツで檜作り。

 

鳴子温泉郷は、老舗旅館って感じの宿泊施設が多いですね。
大きなホテル、旅館では、鳴子観光ホテル、本陣横屋、ゆさや旅館他にとどろき旅館、幸雲閣などがあります。

 

宮城県鳴子温泉 湯の宿吟の庄感想

十数年前に宿泊したのですが、湯の宿吟の庄は、郷土料理が堪能できるという事と、和風旅館と言う事で宿泊
きめ細やかな会席料理で、地元の山菜、かに、川魚など土地のものを種類も豊富に出してくれて感動しました。

 

又、部屋からは滝のある園庭が風情がありました。
タオルが各部屋によって違うみたいで、間違わないようにとの配慮かな?と細かい気使いが嬉しく思いました。

 

後、2件宿泊したのですが、民宿のような旅館で名前は忘れちゃいました。
記憶にあるのは、長い廊下と白いお湯のお風呂で、温泉って感じが堪能できた事です。

 

鳴子温泉郷は、スキー場が3か所あるので、冬はスキーのお客さんも多いようです。
鳴子スキー場はグリーンシーズンもゴンドラを運行しているそうです。鳴子峡を眼下に空中散歩が楽しめるそうです。
デートスポットや家族で楽しめるリゾートパークオニコウベと言うレジャーパークがあり、パターゴルフ、ゴンドラ、釣り堀、ファミリーカート、ユニーク自転車などアウトドアの遊びが出来るんです。 大きなホテルもあります。

 

毎年、秋になると綺麗な紅葉と白い白濁の温泉、和風の情緒、大きなこけしが思い出される鳴子温泉郷です。


スポンサードリンク